昨今、家事代行サービス会社が増加の傾向にありますが、その需要に合わせ、ほかの会社との差別化を図る企業が増えております。その一つに、家事代行サービス認証があります。家事代行サービス認証とは、品質を的確に評価し、情報を公開することによって、利用する顧客の効率的、尚且つ、合理的な事業者選択の役に立つよう、全国家事代行サービス協会、及び、日本規格協会が行っている第3者認証サービスになります

会議ちなみに、家事代行サービス認証制度は、質の良いサービスを提供する仕組みがあること、サービスに必要な3つの品質が備わっていること、サービスを提供する事業者、スタッフの能力の高さを示すことにより、利用者の不安を解消して、健全な発展を期待することを目標に創設された制度になります。

この認証の有効期間は、3年間になります。全国家事代行サービス協会、及び、日本規格協会は、認証事業者に対して、初回は初回審査を、その後1年ごとに、認証体制が維持できているかを確認するためのサーベイランス審査を行います。これらの審査を行うことにより、利用者であるお客さまが安全に、また、安心して、信頼して依頼できる環境をつくることを目標にしております。