資格を取得

家事家事代行サービススタッフとして応募するに際し、栄養士、ハウスクリーニングアドバイザー等の特別な資格、スキルは必要ありません。ですが、お金をもらって仕事を引き受ける以上、依頼主であるお客さまに満足してもらえるだけの家事スキルは必要になります。

主婦として、掃除、洗濯、料理等の家事をこなしてきた方であれば、そう苦労もなく、業務に入ることができると思いますが、自己流の家事スキルでは不安がある、プロの技術を習得したい等の希望がある方は研修期間を設け一定のスキルを習得できる企業を見つけ応募しましょう

ちなみに、家事代行サービスで重宝される資格には、通販講座で手軽に取得できる整理収納アドバイザーをはじめ、歴史のあるクリーニングインストラクター、依頼の多い料理分野に役立つ調理師等があります。これらの資格を取得する意欲のある方は、研修をサポートする体制が整っている企業を選びましょう。長く勤務する上で、時給アップが見込めるだけでなく、お子さまが成長し、フルタイムで働ける環境ができた時に、その資格があなたの活躍の場を増やしてくれるかもしれません。まずは現在のあなたのやる気を活かせる、研修体制のある家事代行求人を探すことをおすすめします。

認証とは

昨今、家事代行サービス会社が増加の傾向にありますが、その需要に合わせ、ほかの会社との差別化を図る企業が増えております。その一つに、家事代行サービス認証があります。家事代行サービス認証とは、品質を的確に評価し、情報を公開することによって、利用する顧客の効率的、尚且つ、合理的な事業者選択の役に立つよう、全国家事代行サービス協会、及び、日本規格協会が行っている第3者認証サービスになります

会議ちなみに、家事代行サービス認証制度は、質の良いサービスを提供する仕組みがあること、サービスに必要な3つの品質が備わっていること、サービスを提供する事業者、スタッフの能力の高さを示すことにより、利用者の不安を解消して、健全な発展を期待することを目標に創設された制度になります。

この認証の有効期間は、3年間になります。全国家事代行サービス協会、及び、日本規格協会は、認証事業者に対して、初回は初回審査を、その後1年ごとに、認証体制が維持できているかを確認するためのサーベイランス審査を行います。これらの審査を行うことにより、利用者であるお客さまが安全に、また、安心して、信頼して依頼できる環境をつくることを目標にしております。